どうせなら・・・

愚痴っぽい人はけっこういる
しかも愚痴を言うことが当たり前になっているので
そのことばが周りをや〜な気分にさせてるなんて思ってもいない

ふだん元気モリモリの人がたまにこぼす愚痴はある意味ほっとしたりもするが、年中だとたまらんのだよね

どうもその状態に陥っていたある時期がございまして
って・・・この私。
知らぬ間に「どうせ・・」「どうせわたしなんか・・」と言ってたらしい

そんなときある人が「どうせ、じゃなくてどうせならって思えない?」
って言ったのよ

どうせならやってみようじゃないの
どうせならがまんしてみようじゃないの
どうせなら笑ってやろうじゃないの
どうせなら・・・って本当に思えた

書道 | comments(13) | trackbacks(0)

妬
毎日、メルマガで
「日本人なら漢字を知ろう!1日5秒・・・」というのが配信される

「妬」音読み ト 訓読み ねたむ、そねむ とうのがあった

他人の幸福や長所がうらやましくて憎らしいと思う
ねたましく思う

腹を立てる。悔しく思う。根に持つ。恨みに思う。

こんなことは誰でも知ってのことと思うが、よく考えると
なぜ部首がなんだ〜??
はなはだ不満!どうしておんなへんなんだ〜

男性には妬心はないとでもいうのだろうか?


書道 | comments(11) | trackbacks(0)

蘭情

現在、かかわっている人々は年齢・環境など千差万別である

年上の方からは世間一般の常識などを教わり、年の若い方からは
今の流行のことなどを教えてもらう

あたりまえのように若い人々の目線で接していても、恥ずかしくも無く
いっしょにいさせてもらう
若い人って偉いなとも思ったりする
自分が今よりも若かったころなんかおばさんと話すのいやだったもの(笑)

たまたま、自分よりも一回り以上も若い「友達」と食事した
いろんなこと話して、けっこう慰められたり、励まされたり・・・

思えば「当たり前だのクラッカー」も「ワタナベのジュースの素」も
「てなもんや三度笠」も知らない世代なんだ・・・
なんかうれしかった蘭情


「蘭」のように芳しい友情のことを「蘭情」と呼ぶのだそうだ
書道 | comments(6) | trackbacks(0)

試新しい物事に対する食いつきがもともと悪いらしい
DVDやビデオデッキ、MDウォークマン、はてはオートマティック車まで
だいぶ他人様に比べれば導入が遅い方である

ファッションもしかりで、「な〜に、これ!変!」とか言っていたくせに後になってからは喜んで身につけている始末になることもしばしば

で、以前から気になっていた「セルフガソリンスタンド
みかけによらず小心者で、失敗したらどうしようとか
あふれ出たらどうしようとかいろいろ考えて手が出せないでいた

しかしついに本日、どきどきしながらトライ
そっか、自動的に止まるのね、なるほど
給油口はこうなってるんだ・・・・なるほど
けっこう首尾よくできたじゃん!!

最後に危うく、カードを抜き取るのを忘れそうになったことを除いてはね

書道 | comments(8) | trackbacks(0)

先日、友人からMDをもらった
「これ、聴いて下さい、聴けばわかりますから」ってな感じで
彼女はときおり私のためにMDを編集してくれる
しかも、常にテーマがあるのだ

ちなみに今回は「雨」前回は「色」だったのだが・・・

そのテーマにのっとった楽曲を集めて編集してくれる
と、そこまでは案外よくある話なのだろうが
感心することには、彼女の選曲のセンスと幅
とにかく昔懐かしい歌謡曲からレゲエからボサノヴァまで
よくまあこれだけカバーしたものだというほど。
(西城秀樹)なんてのもあった(笑

さらにはたぶん彼女がその編集を楽しんでるだけでなく
私に聞かせたい、あるいは喜ばせたい、こんなのはいかが?みたいな
そういう茶目っ気というか・・・
ある意味、自分のセンスを知ってもらって
それで一緒に響き合おう・・という具合ではなかろうかと思う

素敵な彼女に感謝

響
書道 | comments(4) | trackbacks(0)

三寒四温

寒い日が三日あって暖かい日が四日ある・・・・
これが春の到来の兆しだということだが、今日はまさしく「三寒」にあたる
徐々に心と体の準備をしていく段階なんだろうけど
やれ卒業式だ、入園、入学式だ、引越しだと多忙な時期でもあるわけで
そんなときは、せめて天候ぐらい穏やかであってほしいと思うのが常
三寒四温
チョコ作りをやったときに「テンパリング」というのを知った
コーティングするチョコの温度を上げたり下げたりを繰り返すのだ
それも必死にかき混ぜてやるのだからけっこう体力が必要
でも、そうするとつややかなチョコが出来るのだ

3月のこの時期、自然はテンパリングを施してくれてるのかな?
だとすると、本格的に春になるころには
つやつやした仕上がりになっているはずだ・・・ね?

書道 | comments(2) | trackbacks(0)

明日に架ける橋

今朝、サイモン&ガーファンクルの「明日に架ける橋」を耳にした
とたんに感受性がかなり豊かだった青春の日々にタイムスリップ
あのときこの曲を聴いて号泣したの思い出した
BLIDGE OVER TROUBLED WATER♪
あのころはそれなりに壁というか真剣に悩んでいたことがあったのだろう
今となってはそんなことは「屁」でもないくらいさまざまな困難が
あるというのに
明日に架ける橋

ただ残念なのはそのときなぜ、号泣したのかまったく覚えていない
そのほうが絶対的な問題のような気がする
書道 | comments(9) | trackbacks(2)

keep

keep
取り立てて人に誇れることはないのだが
どうも私には「なにかを続けること」の能力はあるらしい
そのかわり、なにかを始めるのには怖ろしく時間がかかるんだけどね
それもすごく考えて・・・というわけでもなく
ただ時間がきっかけを作ってくれるのも待ってる

それで、ふとしたことから「なにかを始める」
そのうえ、三日坊主は無いときた

なので、1日にやることが段々増えていく
24時間なんざぁ短すぎてたまらん!!

継続は力なりというけれど
スーパー大回転のノルウェーのオーモット選手
彼って10年も前から第一人者だったような気がする
オリンピック連覇!!すごい

ひとかどの・・・なんて望まないが
なんとなく小さなことでも続けることで満足できてる自分がいる
書道 | comments(7) | trackbacks(0)