方針を考えた

紆余曲折ながらも、書道教室をなんとかやってる

ああ、めでたいことだわ

先日、東京の書道展を観て、感動したりがっかりしたり
まあいろんな思いがあったわけだけれど
作品作りは楽しい
苦しいことは当然あるわけだけれども、押しなべて楽しいほうが優勢

楽しくなきゃやってる意味ないし!

ただね、生徒さんたちのほうにしてみれば、最初から作品作りに励みたいなんて
思ってなかったのが大半なわけで
たとえば、住所名前を書きたいとか、お手紙を筆で書きたいとか。。。

だから、公募展なんかで活躍してても、実用的なものがなかなか
書けないって人も居るのね

でもさ、周りの人って、習ってるんだから書けるでしょ?みたいな
プレッシャーをかけてくるみたいなのよ
そんなときは

私のやってるのは芸術だからって言ってやりなよ

な〜んてゴーマンに言い放っていたわけだけど チョッと待った
それじゃ、逃げよね

なのでいちばん基本的な ペン字 を充実させることにしたわ
そう、しばらくはペン字強化プロジェクト よ!
ほらほら大好きなプロジェクト

私は通信教育の生徒さんはじめ、ペン字もしっかり教えてるんだけど
なんかどっか後回しにしてた感があるので、いっちょここらで奮起

いつのまにやら今日でで500記事を書いたことになるのよね
あっという間だったわ
楽しいブログ生活よ〜


   500本記念ペン字強化プロジェクト


ってことで、自分にカツ!渇!パンチパンチパンチ


書道 | comments(28) | trackbacks(0)

GO  GO パシリ!

いやいやひっぱるひっぱる、私のつたないパシリ話(笑)

たったまる二日間の出来事なのにどっさり盛りだくさんだったのよね
まず、行く前から抱えてるモヤモヤがあったのね
それっていうのは作品展に対する臨み方とかそんな感じのこと
それと生徒さんとのつながりなんて、自分が思ってるよりも
ずっと細い糸で、いつなんどきどんなことがあってもおかしくないってことなど
腑に落ちない数週間があったのね

それを、東京で生徒さんや、東京で会える書友に聞いてもらおうかな。。。
なんてちょっとそんな思いで向かったのよね



        結局、甘かったよ




生徒さんたちには夜、しみじみと語ろう。。と思っていたら
照明を消すやいなや(またしてもas soon as)  爆睡
これは私も含めてのことだから しゃーないわ

翌日、お茶でも飲みながら。。。そんな時間はどこにあったんだ!!

そんでもって翌日の祝賀会(例のブッフェね)では
思わぬ人から、ねえねえ聞いて、、、の悩み相談
でも、これは聞いてあげるべきだと思ったぐらい彼女は悩んでいたのよね
ふむふむなるほど。。。

いろいろあるのね、いいのよ私は帰りの新幹線まで時間があるから
そのときにでもしみじみと。。。。
と思った矢先


ねえ、しゅんらん!ちょっと話しない?


某女子にオアゾに拉致されるハメに。。。
またしてもそこで延々と日ごろの愚痴をきかされることになった
まあいい、めったに会わない人で、同じような思いもあったし

新幹線ではすっかりあきらめて寝ることに決めて掛かったころ



しゅんらんさん、いいかしら?ちょっとお話できる?


別の女子。。。
これはけっこう真剣に聞かなければならず、帰りの貴重な睡眠時間は
全部吹き飛んでしまった

結局のところ、私はもやもやをお持ち帰りしてしまった

でも、不思議なもので人様のお話を聞いていたら気分転換になるのよね
初めて知ったわ
パシリはもやもやを語ってはいけないのだわ〜(笑)

go go shun-ran いつも走れ走れ
書道 | comments(20) | trackbacks(0)

続・パシリの仕事

表彰式の後、立食パーティ、二次会を過ごし
翌日は早めに朝食を摂って、いざ、上野、東京都美術館
そこで、自分の作品や生徒さんの作品を鑑賞
なにせ広いし、展示数は過激に多いし、写真は撮らなきゃなんないし
足腰美人は大活躍よ(笑)

休むまもなく、六本木の国立新美術館



初めて来たけど、全貌がよくわから〜ん!!
もっとシンプルだといいんだけどね

最初に空中庭園のようなお店で休憩
お昼の時間なんだけど、3時半からまた祝賀会があるので
お茶とケーキ程度でハラペコアオムシをなだめる




私は、タルトなんとかってやつとお茶





生徒さんのはハムチーズなんとか。。。こっちがうまそ!
プチ後悔

役員展と特別展を鑑賞し、大変感激する、これはマジです素晴らしかったです

またもや地下鉄で赤坂見附に戻り、ふたたび祝賀会

ブッフェスタイルのお食事が始まったのは午後4時半ごろだったかな。。。




私のテーブルにもいつの間にか山のようなお料理が。。。
だけどさぁ〜これってどうよ
続きを読む
書道 | comments(18) | trackbacks(0)

パシリの仕事

梅雨が明けないどころか、台風前の東京でお仕事お仕事
書道展に入賞した生徒さんを連れて表彰式に臨んだのよ〜



ここで、受賞者、役員、ご来賓など1000人あまりが集まって
盛大に執り行われたわ♪
私も生徒さんの晴れ姿にしばし感無量。。。
首には4個のカメラがぶらさがってたけど(笑)
そうなのよ、私はこの広い会場をの端から端を縦横無尽に走り回って
ひたすらシャッターを切ったわよ
日ごろのトレーニングはこういうところで役に立

しかも付き添いの席など用意されてないので、さすがに2時間もすると
退屈モードに突入するのよね

で、私がエスケープするところはココ
例年ここでブレイクタイム このお店だ〜い好き




そして毎年同じものをオーダーしてるような気がする(笑)





あいにくの雨降りで、さわやかな風に吹かれながらというわけには
いかなかったけれど、つかの間の休息よ

この後、立食パーティ、銀座の二次会へとなだれこんだのよね
カメラぶら下げながら。。。(爆)
書道 | comments(18) | trackbacks(0)

食傷気味

我が家のしきたり
書道教室の 正しいさくらんぼのいただき方 は、以前にも書いたけれども
おさらい

書き損じの紙を円錐状にして、食べてる口元を隠し、種を吐き出す




何個食べたかわかんないしね(笑)
慎ましやかじゃない?種はそのまま包んでポイってわけで・・・

さくらんぼも出始めはみなさん大騒ぎなんだけど
もはや、どちらに行ってもソレ。ちょっと・・・かんべん・・・
確かにおいしいけれども、食べすぎはおなかが緩みますのよ(笑)
そんでもって糖度もかなりなものでございますのよ
お気をつけあそばせ〜

わりとすぐ傷むしね
私は、残りのさくらんぼで、丁寧に種を取り除いてジャム作ったわよ




レモンも結構入れてみたらおいしいおいしい、色もきれいにできたしね
さくらんぼに食傷気味だなんて、贅沢極まりないけど
ジャムがこんなにおいしいとは思わなかった!

最近、教室のブレイクタイムはもっぱら、さくらんぼと「きゅうりの浅漬け」

書道 | comments(34) | trackbacks(1)

悲喜こもごも

今年の2月から4月いっぱいまで取り組んでいた全国規模の書道展
先日、入選落選の結果が出て、そして栄光の入賞者が発表になったの
わが教室からも、最高賞の受賞者が出たわ

そのまえに、私は一匹狼ではないということを言っておかなきゃね
私は組織に所属していて、その中ではいわば 中間管理職
下からは突き上げられ、上からはこき使われ。。。。(笑)

つまり嫌な役目よ

嫌な役回りは書道展の入賞者に対して、ソレに係わる必要経緯とか
心得とか具体的なことをこまごまと教えるわけね
そこで、喜びの受賞者は

え? とか そうなんですか! とかいろいろリアクションがあるのよね

まあ、誰も教えないそういうことをちゃんと具体的に教える人物というのは
絶対必要なわけで、それを教えられないで恥をかかせられたりすると
 
刃傷松の廊下   ということになってしまうわけだ

落選されたかたがたに

残念でしたね、また研鑽を積んでチャレンジしましょう!   と
そこまでもって行くのは結構大変
だいたいが凹んで、もう二度と書きません とかになっちゃうのよ

逆に 先生にせっかくご指導いただいたのに、先生の顔に泥を塗ってしまって
なんて言われるとねえ。。。
もともと泥を塗ってあるんだから大丈夫 なんてここのビューワーさんに
しか受けないようなことを言えないじゃない(笑)

ネガティブな状況の場合のリアクションが、きわめてヘタクソな
shun-ranなのです

ご存知ないとは思いますが、リアルな私はたいそう照れ屋でございましてですね
真面目な場面に真面目に取り組むのが苦手なのですよ
あ、そういうのは照れ屋とはいわないのか?

話がいつものごとく、良くわからない方向にいってしまったので
寝ます

そんなこんなで授賞式に引率のため、上京します、今月半ば
赤坂プリンスでカメラを何個も首にぶら下げてるヤツは私です
書道 | comments(22) | trackbacks(0)

ともだち

私は月に二度ほどお出かけ教室なのね
場所は幼稚園、そこで先生方に教えるのだけど
幼稚園には楽しいものが盛りだくさん

そのなかでも、楽しみは お友達よ



ウサギの  ノバちゃん  大きなお目目がかわいいでしょ
この子、わりかし人懐っこくて、動きも機敏

先生、出してあそんでもいいですよ

なんて言ってくれるもんだから、うれしくてケージから出したら
高速ホップヒップジャンプ! あわてて追いかけるshun-ranは
持久走ならまかしとき!でも、瞬発力に難があるのよ
お遊戯室から逃げ出しそうになって必死に捕まえたこともある
焦った〜 性格、温厚


それと、これは カメの カメックス



ついさきごろ、冬眠から醒めたらしく、食欲旺盛

実は彼(ということにしてるらしいけど)本当はオスかメスかもわからないんだって
10年以上前に、幼稚園の先生がテニスコートから保護
なぜテニスコートかというと、近くにお堀があって
そこから逃げ出してきたらしい

じつは傷ついていた、足も不自由だし、尻尾もなかったのね
尻尾で雌雄をい判断する亀は尻尾がないとわからないんだって
命からがら逃げてきたカメックスにも涙モノだけど
ちゃんと保護して10年以上も幼稚園で飼われているということが
ちょっと感動よね

カメックス、言葉がわかるのでは?ぐらいの勢い
呼べばガシガシ近寄るし!!食欲も旺盛だけど
なにせ高年齢 え?亀は万年では?(笑)
好物のキュウリもうまく噛み切れないで居る

ああどうか長生きしてね
そして、幼稚園の先生を龍宮城に招待してあげて(爆)
書道 | comments(24) | trackbacks(0)

匂いの元

私は作品を書くときは必ず丁寧に墨を磨って心を落ち着かせます
テレビを見ながらだけどね
で、磨った墨は小瓶に入れて冷蔵庫で保存、これ基本ね、えっへん
特に夏は微生物が多く繁殖するのでデリケートな墨にはやさしくしてあげないと

ということで、いつものように、↑の作業をして
いざ心を落ち着かせて製作。。。と思ったら


  ビンの中の墨が凝固していたのだ


あれ〜 そうそう我が家は冷蔵庫が満杯なんてことはほとんどなくて
いつもすかすか状態
だから冷蔵機能は抜群なのよね、うっかりしてたわ!
しかたがないから、室温で温めることしばし。。。。。

お、いい具合に液状化してきたじゃない

と、しばらくするとどこぞでカレーの匂いがするじゃないの
クンクン、どちらのお宅かしら?ずいぶんおいしそうね
あれ?どちらのお宅どころか、とっても近いわ。。。

 が〜ん、私の墨だわ





そうです、このビンは、
大好物の銀座デリーのドライカレーの素
が入っていたのですよ

移り香でございました おいしい墨です カレー臭です

においの元がわかったところで風流にしたためましたのはコレ



しずかさや 岩に染み入る 蝉の声
書道 | comments(26) | trackbacks(0)

ついてなひ。。。

ちょっとご立腹

一生懸命、読んだ本のレビューを書いてさあもうすぐ投稿
というときに、間違って消した

暴れてやるか!!ぐらい凹んだ

文庫本を一気に読み上げたのね、久々に現代モノのエッセーよ

向田邦子 最後の恋」っていうの
私にしては色っぽいでしょ♪

そういう慣れないことをするからか、本当に消してしまったの〜(泣)

気を取り直して書く気力もなく、日ごろのがさつな生活ぶりを猛反省して
筆を持ち、これまためずらしく「かな」などしたためましてよ

紀貫之



わがきつる みちもしられず くらぶ山 きぎのこずゑのちるとまがふに

お願い、意味はきかないでくれたまへ。。。

マジでこのそそっかしい性格を直そうと心に誓った6月15日
書道 | comments(19) | trackbacks(0)

がんばれ子供達

真夏のような暑さに加え、近所では電柱の移転工事とやらで
ものすごい騒音  うるさ〜〜〜〜い

子供達のお習字もさすがに集中力なくなるわよね

今月は検定試験ってのがあってね、指導にも熱が入るというわけなんだけど
4年生は漢字二文字 これがくせもの、3年生でデカデカと漢字1文字書いてたのが
上下そろえるということがとっても難しいらしいの

↓↓↓↓↓↓



「青」の左右の長さがそろえられない。。。
名誉のために言っておくけど、彼女はがんばってるのよ
でもどうしてもそろえられない

さすがの私も

あらぁ〜 そろってないね、がんばってるのはわかるよ、どうしようかな

なんていつもの「こら〜っ」って感じではなくてヤサシイ

なので半紙の両端を折って、ここまで線を引いてねなんてさ
ちゃんと 先生も考えてあげる〜のノリでやってあげたわ

そしたらちゃんと書けたもの

いまのウチに来てる子供達は生意気な子はいないんだよね
割合素直な子供達が多いのよ、助かるわ 休まないしね

子供の頃のお習字の塾なんて本当に一過性のもの
ここから大人になっても続けてる子なんて1%未満なのね
中学に行ってみなさんさっさと辞めるかと思いきや
運動部に入部して時間的にいっぱいいっぱいの子の方が辞めなかった

時間の使い方というのは何にでも共通してるみたい

暑さと騒音で集中力がないのは子供達ではなくて
じつは

   私だったようです 反省
書道 | comments(12) | trackbacks(0)