はるばる函館グルメ旅

おはようございます


函館2日目は午前中にぎっしり観光したので

ランチがすっかり遅くなりましたが一旦ホテルに戻り、徒歩1分のカレー屋さんへ


実は2日目はホテルが代わり、宝来町という場所のWBFグループのホテルでした

外観、内装ともに前夜のラビスタさんに比べると格下げ的な印象でしたが、ガイドブックに出てるいわゆる町の人気の食堂なんかが

近所に集中していました(嬉)


そのひとつが「元祖インドカレーの小いけ」

そそられる看板です



辛い!!でも何じゃこりゃば美味しさ

無駄なものを一切省いた感じです

うまく言えないのがもどかしい

私はカレー食べると胸やけ必至ばんですが

これは胸やけしないんです


多分私的にはこのカレーがカレー史上ナンバーワンかもしれません


実はすぐ近所に「本店インドカレーの小いけ」というのがありましたが、系列ではないようです。そっちにも行きたかった(笑


そして腹ごなしに散策。元町界隈のカフェへ



焼き物を展示販売して、天然酵母のパンを焼いて販売してコーヒーも出してるお店

外観がいいなって入ってみました

カンパーニュお買い上げです


。。。。。。。。。。


そして外人墓地に行こうと市電に乗って

降りるやいなやあれほど晴れていた空からポツリポツリ雨が落ちてきたので引き返し


夜はキングのたっての希望で

ジンギスカンでした


すごく雨脚が強くなったのですが

そのお店も徒歩1分程度

18:00前なら割り引きになるというので

17:50に入店



ラムステーキ、ラムチョップ、丸ラム、味噌漬けラム、ああ忘れました。どんだけ食べるのでしょうか?


かくして雨の中徒歩1分でホテルに戻りました

旅行記 | comments(0) | -

はるばる函館グルメ旅

おはようございます


函館2日目の朝はお天気まずまず

腹ごしらえをして出かける準備


その腹ごしらえはホテルのブッフェ

セルフ海鮮丼で



コレ、キングのですからね、私のはやや控えめです。なにせ普段は海の幸に恵まれない我らですから、目がギラギラしちゃって。。

GWの激混みで長蛇の列に並んで朝ごはんもいたし方なしです


満腹後に出かけた先はコレまた諦めていた函館湾クルーズです


雨ふってないしえ、ここは海へ繰り出しましょう!



赤レンガ倉庫前から出航

たまたま外国の客船が停泊していて

なんとなく華やいでいます


30分のクルージングでした


。。。。。。。。


さらにお天気が良くなったので五稜郭へ


実は市電の1日券があったのでサクサク乗車



と、その時欧米系のシニア女性がウロウロ

キングが声かけたら五稜郭に行こうとしていたようですが、市電はこれでいいのか不安げで、迷っていたらしいです


なので一緒に行くことに


市電の中でお話ししたら、イギリスからクルーズで回ってるらしく、最終目的地はアラスカでそこからイギリスに戻られるんですって


日本は初めてらしく、昨年ご主人を亡くされたとか

そんなお話をしながら市電を降りて五稜郭公園まで行き、私たちはタワー、お二人は公園へ


公園にこだわっていらしたのは桜

満開を過ぎ、ギリギリ大丈夫な感じ


そうか〜〜 クルーズで観た客船は彼女たちが乗ってきたものだったのね

前日は中国人とかアジア系の方しか見当たらなかったのに、今日になっていきなり

欧米人が街に溢れ出し、しかも五稜郭はガイジンさんだらけ


すご〜い 客船力



また桜に出会ってなんか久しぶりって感じです。五角形の縁取りが桜でした


これから遅い昼食です


旅行記 | comments(0) | -

はるばる函館グルメ旅

おはようございます


初日のディナーは海鮮!!カニです

ホテル周辺を散策していたときに開店準備中の「海寿」さん発見、今宵の予約を入れました。今日の今日では難しかったのですが早い時間に2時間までということでブック。


これで安心して散策出来るというものです

何でも予約することはヘルシンキでの夕飯難民経験から学んだこと



最初は毛ガニ、そしてマグロとシメサバ

タラバガニの味噌汁にナンチャラいろいろ


とにかく美味しい!!


2時間も経たないうちにすっかり満腹

お店を出たら妙に元気


空を見上げたら明るくなっていて

日中低く垂れ込めていた空もクリアに。


函館山を見ればケーブルが上って行くのが見えて、ムラムラと行こうかなと!


今夜は悪天候だろうとすっかり諦めていた日本三大夜景を観にいざ、ケーブル駅まで坂道を上ること20分ぐらい?


無事に山頂までたどり着き絶景を堪能



奇跡の夜景


良かった〜


その後の下りのケーブル乗り待ち45分を除けば、申し分のない夜でした

旅行記 | comments(0) | -