山水娯人歳月長



山中湖ロードレースハーフマラソン日記



これ以上ないだろう!!ってぐらいのひどい雨

わっはっは、笑うしかないよ〜〜の中、がんばって走りました
誤算は、出だしがやたらとスローペースで団子状態だったこと

うきゃ〜こんなんじゃ、前になんか行けない
しかもカッパ着て走ったりしてるかたもいるんだもの、がさがさ音、でかいし。

私はちゃんとランシャツ、ランパン。気温13度、湿度80%だったかな
蒸し暑かったですね、土砂降りなのに。

けっこうi-pod の若い女性が多くて、関東の層の厚さに驚いたものの
15キロ過ぎぐらいからはもはや女子で早いのは「おばさん」ばかりなわけ

そう、市民大会に於いて「おばさん」と呼ばれる世代は強い!
私は、フルスロットルモードになるチャンスを逸して
なんとなくゴールしちゃいました

倒れこむまで力を使い果たせ

という「がんばる私」の声を聞きつつ、「雨なんだからさ、適当にね」
という「自分に甘い私」の声にしたがって

爽やかな五月の風をも感じず、富士山を観ながらも出来ず(どこにあるかもわからなかった)私のレース終了

山水の景色は人を喜ばせ、ひとしお月日が面白く長い・・・・これはレースを終わったらアップしよ! と 書いてたもの
悔しいのでアップします

 山水娯人歳月長
書道 | comments(18) | trackbacks(0)

炎のランナー

炎のランナー
炎のランナー

大変有名な映画です。実話が基になっています。学生ハロルドは足の速さでパリオリンピックの切符を手にする。またスコットランドの宣教師エリックも同じ陸上競技でオリンピックの切符を手にすることに。

ハロルドはユダヤ人だということで幼いころから冷遇されてきた
彼の速さは偏見との戦いであった

一方、エリックは走ることに神の祝福を感じるという

お互いの環境やエピソードがパラレルに語られていく

ストーリーは、同じ陸上の仲間の言葉によって進んでいく

内容を大いに盛り上げるのは「ヴァンゲリス」の音楽
たぶん、映画は知らなくてもこのテーマは一度は誰でも聴いたことがあると
思う。

ときは1924年のオリンピック。イギリス人の青年の話なので
当時の服装や小物などが本当にセンス良く、きれいに描かれている

とにかく最初の入りから鳥肌物の音楽と描写!!!



ちなみに、ワタクシ、明日は山中湖のハーフマラソンに参加します
ここ2週間ばかりろくに練習できていません。足の古傷がまた痛み出し
それをかばって腰痛になり、挙句の果てには発熱という体たらく(泣)

でも女は度胸!意味不明の余裕が私を包んでオリマス・・・・
では、see you

映画 | comments(14) | trackbacks(0)

ハワイアンポーク

ハワイの豚
ダサいよね、ネーミング。相変わらずのセンスの無さに震えるわ
ポークソテー、ハワイ風とかなんとかならないの?

たくさんのパイナップルをいただいたのでデザートにポコポコいただき〜の
ヨーグルトをかけてブランチ〜のしてるちに
さすがに息切れ状態

そうよ、パインはお肉を柔らかくさせるのよ!!
思い立ってポークに乗っけてオーブンでジュ〜〜
塩コショウして、仕上げにはお得意のオレンジジュースをじゅばっとかけ
ナイフとフォークでしとやかにいただきました

foods | comments(10) | trackbacks(0)