アジのマリネ



青いお魚をこよなく愛する私も、今年はずいぶんアジを食べたわ〜
いろいろ試してみたけれど、好きなものを組み合わせるのが良いでしょう

ということで、グレープフルーツと合わせてみました
アジを三枚におろして、塩と酢で〆て、オリーブオイルと黒胡椒
あとはグレープフルーツの絞り汁で10分ほど漬け置きすれば出来上がり

こんなふうに盛り付けたけど、もっとフレンチっぽく洋風にしたほうがいいわね〜

それと酢で〆てから皮を削いだほうがカンタンにはずれたんだけど、これって邪道?

忙しいときほど手を抜かないのが本当の手抜き

忙しいのなんのってぐちゃぐちゃ言いながらも、こうやってきちんとお料理するのことで
オンナっぷりを上げてるわけよね〜(爆笑)
foods | comments(12) | trackbacks(0)

じいやのたまご



我が家にはものすごくたまごがある いつも切らしたことなんかないの
なぜって、それは近くのスーパーが10日に一度ぐらいたまごの安売りをして
そのたびごとに、じいやが購入 私のコレステロール値を完全無視の横暴
ひとりぐらしだっつ〜に!

たまごを持ってきた、ほれっ!

え〜っまだ前のが残ってるのにぃ〜 ありがとうね

で、○:*&&%#・・・・
と延々と話が続いていくのだ
いわば「たまご」は彼の話の「聞き料」というわけね

今回はお盆があったので親戚中の話題が満載!!のはずが・・・そうでもない

あんなに面倒をみたのに妹たちはさっぱり顔も出さないでけしからん!!
というわけだった
彼には11人の兄弟がおり、親戚全員との付き合いなんて無理に等しい
地元の兄弟だけでも仲良くすれば?ってな感じなんだけど・・・

おとうさん、来ないということは来たくない何かがあるんじゃないの?

ほだなものあったて盆暮れはこらんなね 
訳:そんなことがあったとしても、盆と暮れには来なくてはならない

ということだ
うちのじいやは、面倒見がいいのだが、押し付けがましい
たぶんそれが嫌がられるのだろう
以前、猫がうちにいたときもでれでれかまいたがるんだけど
猫はまったくかまわないばあやのところにばかり居た

やれやれ なのだが もしや・・・・私にも

      遺伝

していると思われる・・・まちがいない とほほである
J&B | comments(18) | trackbacks(0)

リトル・ダンサー

リトル・ダンサー DTSエディション
リトル・ダンサー DTSエディション

イングランドの炭鉱の町が舞台。母をなくしたばかりの少年は、父親のすすめでボクシングを習うことになるが、隣でやっているクラシックバレエのクラスに惹かれ、内緒で習いだす。
父親も兄も炭鉱労働者、それでしか生きていけない町だった。祖母は痴呆がすすみ、男たちが不器用ながら、世話をしていく。
しかし、貧乏な父親が工面したお金をボクシングではなくてバレエにつぎ込んでいると知って父親は激怒!!

ここまでくればお決まりのサクセスストーリーなのだが、意外にも泣かせられる
たくさんの人生と問題提起がある
過疎の町、貧困、偏見、ストライキ、妻の死から立ち直れずに酒で紛らわす父親、
不器用で父と反りが合わない兄、少年にバレエを教える女性教師

いろんな人生が織り込んであって胸が熱くなる

ラストの「白鳥の湖」の導入部分は有名なバレエダンサー アダム・クーパーに依る
感激のエンディングである

私は5年前ぐらいに渋谷でこのマシュー・ボーン振り付けによる「白鳥の湖」を観た、ダブルキャストだったのだが
運よく、アダム・クーパー主演に当たった
鳥肌物の感動!!(白鳥だから?)

イギリス映画は面白い、なんかね〜わりと地味っぽい感じがして親近感
しばらくはイギリス映画のレビューもいいかな



映画 | comments(12) | trackbacks(0)