こんなものにはまる



読書というカテゴリではないけど、まあいいか
この本、書店でパラパラ観てたらけっこう夢中になったのね
お誕生日別に あなたはこんな人 という感じで書いてあるんだけど
それが思いのほか当たってるのだわ

私は5月5日生まれなのね(胎内で性転換?)
  秩序を重んじる現実的な性格 なんだそうで
  多様性があり、行動することが好きな性格ですが
  内心の落ち着きのなさは克服しましょう etc.


さらには「隠された自己」
  実際的な表面の下にきわめて理想主義的な一面が隠れています
  相手が理想と違う場合があるので、並外れたユーモアで切り抜けましょう
  相手があなたのユーモアのセンスについていけるかどうかが肝心

恋愛と人間関係
  自由主義者です状況によっては仕事と愛情のハザマで葛藤することも
  親密な関係になっても感情表現を抑えることも肝要
  あなたは常に相手に献身的、自分の利益を追求すると溝が出来ます
  アナタに適した人はあなたの高い理想と強い願望を共有できる人です
  
とまあ、ありきたりのことも書いてあるんだけど、サイドに相性占いがあって

恋人や友人にふさわしい誕生日、あるいは運命の人、あとは力になってくれる人
ライバル、ソウルメイトの誕生日が細かく載ってます

ちなみに私の運命の人は
   1月16日 2月14日 3月12日 4月10日 5月6日
   6月6日 7月4日 8月2日 11月6、7、8日 ですって

その他いろんなことが調べられるんだけどこの本、2800円 でかいし厚いし
なのでちまちま本屋で立ち読みしてたの
ところが生徒さんの有志でカンパし合って買ってしまった

なにせ  誕生日でわかる性格&相性の決定本

    全米大ベストセラー    


ですもの
読書 | comments(22) | trackbacks(0)

書道展



私が所属してる「三和書道会」の展覧会のお知らせよ
お近くの方はぜひいらしてね、掛け軸作品からデカイやつから子供の作品まで

残念ながら交通費は出ないので遠方のかた、海外の方、太陽系以外の方は
ご遠慮いただくしかないわね〜(笑)

展示会の様子は例によって、「家政婦shun-ranは見た」バージョンで
ご紹介いたしますかわいい
書道 | comments(10) | trackbacks(0)

恋におちて



デ・ニーロが止まらない(笑)
居酒屋のおやじさんがデ・ニーロ似だったことから繋がる繋がる。。。

まだ中年の階段を上り始めたコロのデ・ニーロの恋愛バリバリの映画よ
建築会社で働くデニーロは車の故障でやむなくニューヨークまで電車通勤となる
同じ頃、メリル・ストリープは父の入院の見舞いに郊外からニューヨークまで週になんどか電車に乗る

その二人がクリスマスでごった返すニューヨークの本屋で出会う
荷物を落としたデニーロの手伝いをしたのだ
そのとき、お互いのプレゼンとを取り違えてしまった

三ヵ月後、二人は電車で再会。何気ない再会だったのだが、デニーロ積極的
また偶然を装って出会う

ふたりはそのようにしてためらいながらも徐々に近づき、そして恋におちた

典型的なラブストーリーなんだけど、二人の視線や会話の間がいいのよ
携帯もメールも無かった時代の不倫というのは大変だったのね(笑)
大変さを克服しても逢いたさが募るのが恋なのかしら〜??

デーブ・グルーシンのマウンテンダンスが流れ、ニューヨークのチャイナタウン
それにウォール街、リゾーリ書店、
メリークリスマスのあいさつが本当に似合う映画だったわ

ちゃんと恋におちたいアナタ、恋のいろはがわかると思うわ
エンディングがまた意外! だったかな〜
まだメリル・ストリープがプラダを着て悪魔になる前の頃だからきれいよ(笑)
映画 | comments(11) | trackbacks(0)