<< テイクアウトデビュー | main | 牧歌的週末とその顛末 >>

理由

JUGEMテーマ:映画

 

例によってamazon primeです

宮部みゆきさん原作、大林亘彦監督の

 

 

理由

 

宮部みゆきさんの直木賞受賞作の映画化です 2004年公開ってことは16年前

この本、読んだか読んでないかもはや忘却の彼方ですが、何気に洗濯物たたみながら観ちゃった(笑

実際、どこで止めても、また次に観るときすっと映画の世界に戻れる映画でした

 

あらすじは、荒川区の超高層タワーマンションで一家四人の惨殺事件が起こるんです

その容疑者として石田(勝野洋)が指名手配されるのですが、捜査が進捗するにつれて

一家四人全員が赤の他人同士だったことが判明し、事件は予想もしなかった展開を見せます

 

 

この映画、観る前に評価観たのですが、☆が少ないんですよね

しかも2時間40分ですってよ、長〜〜い

 

でも何となく見ちゃったのは、物語は90%がインタビューに答える形式で進むから

じっと見ていなくても場面を追うことが出来るんです(私の感想)

 

殺害にかかわったと思われる人、近隣の人、膨大な人数の証言でやっと結びついてゴール!

そのいろんな出来事の結びつきを頭の中で整理しなければなりませんが

そこは「刑事モース オックスフォード事件簿」「THE TUNNEL」で訓練済み

そこは任せてください(笑

 

その長いさまざまな証言で出た結果が、なるほどねって感じでした

これは本よりも映画のほうが面白いかもしれません

 

宮部さんの本、初期のころは本当に面白かったと思います

最近はあまり手が出ませんね

 

そうそうこの映画、豪華すぎるキャストの皆様

なんと立川談志さん、永六輔さんも出てます、それに少女のころの宮崎あおいさんとか

なんでもない役に大物が出てるって感じです

 

感想としては

 

 

意外によかった

 

 

ですかね

 

 

そういえば、ショーン・コネリー主演の「理由」もありました

あれは相当面白かったですよ、相手役のエドワード・ノートンも秀逸

そっちのほうがよかったかな

 

 

 

映画 | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -
 
Comment