<< ラップがこんがらがった | main | 健康年齢結果が出たそうです >>

変化への対応

おはようございます


書道教室の小中学生は、課題が一学年上のものを書く時期です。

そう、テキストが4月号になったんです


それぞれ一学年上だと小学生はまあ問題ないのですが、中学一年生がすごいです


楷書体から行書体に変わります


そして中学二、三年生は草書体です



左が行書体、右が草書体です


あれ?なんて書いてあるかわかりますよね?


「憲法」ですよ〜〜(笑


.。。。。。。。。。。



この移行への対応が真っ二つに分かれます

小学校の時に綺麗に楷書体を書けてた真面目ちゃんたちは一様に不快感(苦笑


でもそんなに上手じゃなかった子が見違える感性で書き上げたり。。。


大抵はドン引きですけどね(汗


でも面白かったのは、中学校に行ったらお習字は辞めます。習い事は全部リセットしますって宣言してた子が


行書楽しい〜〜 新鮮!!!


って俄然続ける気満々になったこと

それはびっくりでした

新しいことに対して興味を持ってチャレンジできる柔軟な心が素敵!


かく言う私は変化を好まない深海魚のようなタイプなんで(汗)羨ましいと思いましたよ


そうよね 興味とか好奇心とかって大事よね


まず驚いて引いてしまうのではなくて

Step forward ですね

書道 | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -
 
Comment