<< 今年の心がけ | main | 葉山温泉・橋本屋さん一泊 >>

実家の年賀状

JUGEMテーマ:大晦日/お正月

 

今年の年賀状は喪中に付き、欠礼いたしました

そういう習慣もなんだか不思議な気がしますが、ここは習わしに従っています

 

そんな中、予想通り実家にも年賀状が届きました

 

父様が他界したことは当然、親しい方ならわかっているはずですが

それでも、年賀状だけのお付き合いになっている教え子さんとか

絶対、何通かは届くだろうと思っていました

 

意外に多い。。。絶句

 

ご住所はほぼ県外にお住いの方でした

地方紙に載っている訃報欄など知る由もない方がたで

いわゆる同級生のかたがたとはお付き合いのない方だろうな。。。

 

 

そして驚愕なのは約3年前に他界した母様あてにもありました

内容は お元気ですか?私はこれこれです みたいな

 

母様あてには昨年も一昨年も届いてるはずですが、それは父様がなんとかしていたんでしょう

 

世間ではこういうの、絶対あるんですよね

だって独居老人なんてすごく多くいらっしゃるわけだし

その方がたがこの世を去ったら、しっかり告知しないといつまでもそういう

郵便物の類はそこに届くわけですよね

 

それがバーゲンセールのDMだったり、サプリメントの勧誘だったり

瞬く間に郵便物でポストがいっぱいになるはずです

 

ましてや、年賀状の場合

うちは私が毎日実家に行ってるわけだから、ちゃんとチェックできますが

遠くに娘さんや息子さんがお住いの場合

そして1年に一度しか、実家に来ないって場合は

1年前の年賀状を手にする、、、みたいなことになるわけですよね

 

血縁がいないときはどうなるんでしょう?

 

と、ここまでは飛躍し過ぎでしょうか? 酉どしだし。。。笑

 

そうなると空き家問題にも発展していくわけですが

ここ連日届く故人あての年賀状を手にしていろいろ考えを巡らせている次第です

J&B | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -
 
Comment