<< スイーツ三昧 | main | 洗心 >>

王維・酬郭給事

開催中の書道展(県総合書道展)の作品をお披露目したいと思います

開催直後からマラソン&スイーツ三昧だった私ですが
その前は美術館で一仕事していたのですよ トオイメ

私のでかい作品をごろうじろ




よくわかりませんか?

王維というかたの漢詩です

洞門高閣靄余暉 洞門(どうもん)高閣 余暉(よき)靄(あい)たり
桃李陰陰柳絮飛 桃李(とうり)陰陰として柳絮(りゅうじょ)飛ぶ
禁裏疎鐘官舎晩 禁裏(きんり)の疎鐘(そしょう) 官舎晩(く)れ
省中啼鳥吏人稀 省中の啼鳥(ていちょう) 吏人稀(まれ)なり
晨揺玉佩趨金殿 晨(あした)には玉佩を搖がして金殿に趨(おもむ)き
夕奉天書拝琑闈 夕べには天書(てんしょ)を奉じて琑闈(さい)を拝す
強欲従君無那老 強(し)いて君に従わんと欲すれども老いを那(いか)
んともする無し
将因臥病解朝衣 将に臥病に因(よ)りて朝衣(ちょうい)を解かんとす


並び立つ門や高殿 夕陽はかすみ
桃李は生い茂って 柳絮は乱れ飛ぶ
緩やかに流れる鐘の音 宮中の勤めがおわると
あたりには囀る鳥の声 人々の姿はまれとなる
夜明けには 佩玉をゆるがして宮殿におもむき
夕べには 詔勅を奉じて青琑の小門を拝す
そんな君に ついていきたいが老いには勝てず
病を理由に 辞職のことも考えている


と、あんまり明るい内容ではありませんが、私の作品は
かなり楽しそうに明るく表現されてると思いませんか?爆爆

ともかく、今週の日曜日まで山形美術館で展示されております
たまには、作品もご紹介しないとね〜
書道 | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | - | -
 
Comment