プラド美術館展

おはようございます


東京ステイの話題に戻りたいと思います


桜を観る会を終えてランチは築地へ

お・す・し (笑


そしてそこから上野へ

向かった先は国立西洋美術館です



約1年前に来て以来のこの場所では何が?


プラド美術館展



宮廷画家ディエゴ・ベラスケスの作品が7点

来日いたしました

門外不出と言われていたベラスケスの作品をこの目で確認するチャンス!!!


折しも好天、高温だったので私なんかノースリーブですから


。。。。。。。。。。。。。。


ベラスケスは肖像画を描かせたら凄いんです

そしてその肖像画は正面から見るよりも

違った角度で見ると、まったく趣が違う

世界が変わるんです


そしてベラスケスはその技法でもアレンジや

遠近法など革新的な手法を取り入れていて

常に斬新


その影響を色濃く受けたのがピカソとマネ

その辺りは日曜美術館でたっぷり学ばせていただきました


フェリペ4世に愛されたベラスケスの世界を堪能してきました


まだまだ開催中ですよ


。。。。。。。。。。。。。。。


そして最後は「西郷どん」にご挨拶



せごどん♪

関東area | comments(0) | -

観桜会@新宿御苑

おはようございます


昨日の朝は雲ひとつない快晴

ホテルの朝食は6:30に済ませました



土曜日の朝、外国人観光客だらけ

私たちは半日屋外活動なのでがっちり腹ごしらえしました


屋外活動とは「桜を観る会」で新宿御苑です

8:30には受付開始、苑内は何処を見渡しても桜は散っておりました(笑


広い苑内には大勢の入場者

そして総理のご挨拶(見られなーい)



内閣府の振る舞いのお酒やお茶、お菓子やお赤飯などがあり


議員の方々もいらっしゃったのですが

驚いたのは菅さんと記念撮影するために

長い列を作ってること(意外に人気)


スポーツ界からは冬のオリンピックの

高木美帆さんとかね


芸能人の方はピコ太郎さんIKKOさん

デーブスペクター、パックン、さかなくん

ミッツマングローブさん


ちょっと覚え切れません(汗


遠くにしか見えないのですが、思わずあっちゃったのがミッツさんとか議員さんの朝日健太郎さん


出口に向かって歩いていたら、和服の女の子が楽しそうに話していたので、よく見たらフィギュアスケートの坂本花織ちゃん、そして隣には小柄な宮原智子ちゃんが居ました


びっくり‼


そんなミーハーな観桜会

女性の参加者は和服の方も多く、華やかな催しでした


貴重な体験をさせていただいちゃったです


関東area | comments(0) | -

東京なう

おはようございます


昨日から東京に来ています

着いてすぐに向かったのはランチです



品川駅で降りて徒歩、向かった先はブリュワリー。T.Y .HARBOR


お天気最高で、運河からの風が気持ちいいテラス席でした



屋形船通過。おしゃれなボートも通過

スズメもカモメも通過(笑



2種類のビールに170グラムのビーフのパテを施したバーガー  サラダとマグロのプレート


昼から旺盛な食欲!!

素敵なランチタイムでしたよ〜


その後横浜へ


横浜でキングの家族に会い、半日過ごしてから再び東京入り


夜は21:00過ぎから飲み直し



ホテルのスカイラウンジでした

カクテルで乾杯


キングが怪我をして復活してから初めての遠出。ちょっとウキウキな東京ステイ♪

関東area | comments(0) | -

三菱1号館美術館

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

週末は東京でした

 

着くやいなや、約束していた方とKITTEでランチ

 

 

中華のランチごちそうになりました、スミマセン

 

その後はお茶の時間、結局4時間おしゃべりしていました

 

近くの 三菱1号館美術館  ぜひ行きたくて。。。

 

 

重厚な建物ですよね

 

 

ちょうどダヴィンチ、ミケランジェロ展が開催ちゅう

 

素描というか、習作がメインなので、あっさりしていますが

その繊細な生真面目なデッサン力は素晴らしいものがあり

特に、システィーナ礼拝堂の天井画のデッサンはワクワクしました

 

ミケランジェロの大型大理石像 

 

 

 

すごくたくましく、力強いです

 

 

イタリアが生んだ二人の大天才、ダヴィンチとミケランジェロ

後世に生き続けるその素描と技法

こういったものが追随者たちによって脈々と受け継がれているんですね〜

 

すっかりテンション上がって外に出てみれば暑さもさほどのことはなく

風も心地よい都心の夕暮れでした

 

 

 

この日はチョー早起き

 

前日12時前に寝たのですが、1時半に目が覚め、二度めは2時半

暑さも手伝って、いったん置き上がって全英オープンなど観ちゃったり。

その後はベッドでもうつらうつらで、結局4時半には起床

庭の草取りなどず〜〜っとやってて6時の朝食でした

 

新幹線でも眠るわけでもなく、本読んでて起きてる時間長すぎ

早めにベッドに入っていつの間にか眠っていました

 

 

関東area | comments(0) | -

梅雨明けの東京へ

JUGEMテーマ:地域/ローカル

 

週末、ビックイベントがあります

 

恒例の書道展の表彰式なんですが、今年もうちの生徒さんが入賞いたしました

それも、まあ、初めての入賞で、本人も私もびっくりぽんでした

 

受賞が決まったのは月初で、それからこの週末の表彰式や

各種行事に向けてのスケジュールの調整や段取りにてんやわんやだったと思います

 

でも、よかったですよ、ほんと。。。

 

というわけで、そんなことを絡めながら、国立新美術館などさまざま

巡り歩きたいと思っております

暑さには辟易ですが、そうも東京は山形ほど暑くないかも??

 

ほどよく暑さには慣れてきたのでばてないように引率いたしましょう

 

では行ってまいります

関東area | comments(0) | -

横浜立ち寄り

JUGEMテーマ:旅行

 

成田着は朝

 

そこから成田エクスプレスで東京そして横浜まで

 

キングママ宅訪問でした

いろいろおしゃべりして、意外に長居しておいとましました

横浜ではホテル一泊、夜は中華街って決めていました

 

 

週末だったし、まあいつものことなんでしょうが、にぎやかでしたね

 

本当は本格中華をがっちり食べたかったのですが

どうも胃腸はそういったことを許してくれそうにありませんでしたから

キングの懐かしい味、おかゆをいただくことになりました

 

 

海老がゆ

 

いやいや、美味しいし、胃袋も大喜びでしたよ

 

 

その後は腹ごなしに(なんかいつも腹ごなししてる)そぞろ歩き

宿泊先のホテルへ

 

機内では読書、そして数独、ソリティアなどで夢中になって

若かったころ以来の完全徹夜(驚愕)

前日の朝からちっとも眠っていなかったんですよね

 

なのでその夜は早々にベッド

そして10時間睡眠でした(爆

 

ホテルのリネンが快適過ぎてすやすやzzz

そのホテルは、あんまり考えずに予約した早割のビジネスホテルだったのですが

すごくいいホテルで角部屋で最高でした

 

 

まあロケーションはこんなでしたけどね

関内のエディット横浜さんです

 

朝ご飯はアジアンな感じのバイキングで野菜中心でした(嬉)

 


 

ここまた利用したいと思いました♪

 

涼しいヘルシンキからいきなりの横浜ムシムシはけっこう衝撃

さらに拍車をかけたのは山形の高温

 

復活には時間がかかりそうな気配でした

関東area | comments(0) | -

円山応挙@根津美術館

JUGEMテーマ:趣味

 

精力的に美術鑑賞活動!

上野でデトロイト美術館展を鑑賞した後は南青山へ

 

根津美術館を訪問

 

ここでは 円山応挙 の特別展が開催されておりました

 

 

 

重要文化財の雲龍図屏風は圧巻でした

さらにこれも重要文化財の七福七難の図巻

 

 

けっこう引き込まれる迫力がありましたよ

小さい作品もそりゃもう、素晴らしいのですが、やはりこういった展示は

大きい屏風型のが印象残りますね

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

さらに、根津美術館お得意の茶器ものは

 

茶人の正月ー口切ー でした

良寛さんの筆による扇面和歌、千利休の花押がある蓋置など

ぞくぞくしましたよ〜

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

そして、日本庭園は17,000平米を超えて、お茶室が四か所点在しています

この日もお茶会が催されていました

水鳥もゆったりお昼寝〜

 

 

 

 

 

陽ざしがあればもっと色鮮やかだったはずのお庭

思いのほか長居してしまって、日没が早い今日この頃では気が急くのでした

 

併設のカフェでお茶でもと思いましたが、列を作っていてちょっと無理

名残惜しかったけれど、美術品の醍醐味に触れて根津美術館を後にしました

 

 

 

関東area | comments(0) | -

デトロイト美術館展に行く

JUGEMテーマ:趣味

 

まあ、東京に来たら、時間の有効活用をしなくては、、、

じつは上野で降りて、上野の森美術館に向かいました

 

 

大西洋を渡ったヨーロッパの名画たち

デトロイト美術館展

 

ゴッホの自画像が迎えてくれましたよ

 

この展覧会はずっとチェックしていたんです

ゴッホの絵にすご〜く惹かれて10年あまり

何度でも観たいわ

 

今回はゴッホの作品はわずか2点、とはいえセンターとってました

 

ほかにはモネ、ルノワール、セザンヌ、マティス、ピカソなどの有名どころ

それぞれ2点か3点ぐらいずつ展示されていました

 

曜日によっては撮影可能という日もありましたが、この日は撮影禁止

そして、気が付いた(今頃?)のですが

 

SNS拡散禁止のマークがついていました。

 

ふ〜ん、そんなのがあるんだ。。。

 

ちなみに面白いものが。。

 

 

じゃじゃ〜ん これは撮影大丈夫だし、触ってもいいんです

レプリカなんですよ、本物っぽいですがね

 

ゴッホの「オワーズ川の岸辺、オヴェールにて

ゴッホ終焉の地、オヴェールシュルオワーズで描かれた絵です

タッチがとんがっていて不気味な感じが伝わってきます

ゴッホが精神的にかなり弱っていたころですよね

 

惹かれますね

 

以前、オランダのゴッホミュージアムに行った時に

そこのガイドさんが

 

日本人は長蛇の列を作って来日した作品を観るけれど

本当は現地までわざわざ観に来るのが醍醐味

 

って言ってたっけな〜

そしてその言葉がいつも頭にあって、わざわざ行くことを大事にしていましたが

そう簡単に海外にばっかり行っていられませんからね(苦笑)

 

今回の「わざわざ」は東京です

 

そして

 

 

これもレプリカです

 

セザンヌの「サント・ヴィクトワール」です

最近セザンヌの絵がどうも気になります

以前はこのべったりとした絵がどうしても好きになれなかったのですが

この絵にたくましさとか、躍動感を感じるようになったんですよね

 

セザンヌはこのサント・ヴィクトワールという山ばっかり描いているんですけど

これがまたどの山見ても同じはずなのに違うし飽きない

画家の持つ力ですかね?

 

ほかにモディリアーニ、ゴーギャン、モネなど数点

 

堪能しました

 

都立美術館では、ゴッホとゴーギャン展もやっていましたが

そちらはパスして、幕の内的に楽しめるデトロイト美術館展にしぼりました

人はそれなりに多かったのですが、平日の昼下がり、

並ぶことなくゆっくり観ることが出来てよかったです

 

 

関東area | comments(0) | -

ライブ@二子玉川

JUGEMテーマ:日記・一般

 

遠征です

 

大事な王子のためです(爆

私が 追っかけてる 応援している村井秀清さんとMerged Imagesのみなさん

ピアノ、ベース、ドラムス、サックスのカルテットです

 

初めて訪れる二子玉川、クリスマスイルミネーションも ニコタマ(爆

 

 

東京在住のNobちゃんと待ち合わせ

Nobちゃんとは半年ぶりです、あの時は六本木でライブ

 

まずは小腹をなだめました

 

 

MUJIのカフェ

 

ゴマのパンとフリット、そして飲み物

こんなちょっぴりこでも、おなかが満たされてしまいました

でも、それは勘違いだったということに気が付いたんですけどね(汗

 

会場はKIWAさん

座席はシアタースタイルになっていました

 

 

 

私の前にはどなたも座らなかったので、ステージ丸見えでナイスな位置取り

Nobちゃんに座席取りをお任せしたのですが、さすがのお仕事でした

 

It was a fabulous night!
昨夜は今年を締めくくるいいライブでした

 

すでに秀清さんの音楽は聴き倒しているお客様ばかりなのでしょうが

また新しいアレンジで既存の曲が新曲に変身ですよ

まったくもってあっという間にお開きでした

 

つまんな〜い(涙)

 

今年も支えてくれてありがとう

大げさではなくて、私はいつも秀清さんの音楽に励まされていました

特に今年は辛いことが多すぎたので、秀清さんのチカラが無いと

もっとどん底だったと思うのですよ

 

このブログなんか読んでるわけはありませんが

秀清さん、そしてMerged Imagesのみなさん、ありがとうございました

 

ほんっと、二子玉川までやってきてよかったわ〜

関東area | comments(0) | -

お久しぶりのルノアール

JUGEMテーマ:日記・一般

 

せっかく国立新美術館に行ったのだから

特別展もぜひ鑑賞しましょう〜

 

ルノアール展

 

 

 

言わずと知れた印象派の巨匠

 

パリのオルセー美術館とオランジュリー美術館収蔵のものを展示しています

全体の印象としては、地味な作品が多かったような気がしますが

目玉はこの上の2作

 

ムーラン・ド・ラ・ギャレット(左

 

 

素晴らしいです、人々の表情や色遣い、そしてその上品さ

 日本初公開だそうですよ

 

ここはその舞台、ここでのことが描かれています

そう、、、私はこのパリ、モンマルトルでこの場所に立っていました

もう6年前のことです

 

オルセーでその絵を観た時の高揚感は忘れられません

 

そしてさらに日本でまた再び出会えたことに感謝しました

私の中では、現地に行ってその絵に会うというのが基本姿勢なのですが

なんか会いに来てくれたみたいな、キュンキュンする想いがあって

とても幸せな気分になりました

 

8月22日までの展示のようです

ほかの作品も素晴らしいのでしょうが私にはこれだけで十分でした

ぜひ、この幸せな色彩に出会ってください

 

ルノアールを後に、雨の東京から帰途に着きました

 

 

 

関東area | comments(0) | -