キングが言う私の罪状

JUGEMテーマ:旅行

 

まあ、笑い話ですけど、旅行中に私の数々のおとぼけエピソードがありまして

それは私は「おとぼけ」でしたが、キングによれば私の「」だそうです

 

それはナポリのB&Bでの朝食の出来事でした

 

 

簡単な朝食ブッフェだったんですが、ほら、小さいりんごがあるでしょ?

小さいから食べられると思ってセッティングしたのですが、このパンがボリューミー

デニッシュパイで、中には甘いチーズクリームが詰め込んであります

 

うひゃ〜おなかいっぱい  ってことで

 

小さなリンゴはテイクアウトしてお部屋に持ち帰りました。それがなにか??

 

キングはふとしたことからそのリンゴをみつけ、

 

りんご、かっぱらってきたの?

 

って言うんですよね

 

ちがうわよ〜〜テイクアウトよ〜〜

 

でも断ってきた?って返されました

 

これってどうなんでしょ?ブッフェから持ってきたものを自室に持ち帰ってはいけないのでしょうか?

 

キングはその後何度も「かっぱらってきたリンゴ食べた?」って言いやがった(苦笑)

 

ぼくは手癖の悪い人と結婚してしまった   とか

 

 

その◆.プリ島事件

 

カプリ島でアイランドクルーズに出かけようと、乗船券を購入して船出まで待っていました

こんな感じでけっこう楽しんで。。。

 

 

約20分ぐらいだったかしら?

 

そしていよいよ乗船時刻で並んでいると、ジーンズのポケットに入れたはずのチケットが無い!

慌てて探すも、ないないない!!

 

並んでるうちに流れで船に乗っちゃって、その後チェックもされないし、切符切りのスタッフは

べらべらおしゃべりばっかりしてるしで。。。

 

乗れちゃったんですよ

 

するとキングが

 

君は無賃乗船までしちゃうんだ。。。

 

ですって。これで 盗難と無賃乗船と二つの罪状(爆

 

 

それと昨日の記事に書いた「代金未払い事件

 

私ってなんじゃこりゃ?な人物になってしまったのでした

 

実はその後もなんかあったような気がしますがもはや覚えておりません

いまだにキングは私を冷かします

 

あ、思い出した、先月、仕事で仙台に行ったんですけど、どうも行きのバスに乗った時

 

切符を運賃箱に入れ忘れてたみたいなんです(ばか)

 

無賃乗車

 

だって往復の切符が1枚余ってる。。。その時は3往復してるのですっかりなくなってるはずなんですが

 

 

というわけですっかり信用なくしてる状況です〜〜爆笑

 

 

旅行記 | comments(0) | -

思い出としての旅の写真

JUGEMテーマ:旅行

 

今回の旅行では、とっても撮影した画像が少なかったです

もしかしたらこれまでキングと旅した中では一番少なかったかもしれません

 

それはヨーロッパ特有の大聖堂や勇壮な銅像などはほとんど撮影しなかったから

 

そのぶんキングが撮影してくれたんですけどね

 

それと海岸とか入江とか自然の織り成す雄大な景色など、案外カメラに納めていません

 

理由はわたしなりにあって。。。

 

その雄大さをとてもカメラには納めきれないから

画像という残し方は真実をとらえにくかったから

 

今回はキングがけっこう熱心に撮ってくれたからという理由もありですが。。。

 

これまではヨーロッパが好きでそれこそ重厚な建物も全部撮影してきました

帰宅してから思い出に浸ることもありました

 

でも、本当の旅の思い出は、そこにはもう見出していない自分を自覚していました

 

たとえば何気ないワンシーン

無意識のスナップ

 

それらから逆に思い出をひも解くことが出来るんですよね

 

 

シラクーサの遺跡で私が撮影するところを撮ったキング

 

 

ナポリ駅で夜行寝台特急を待ってるキング

 

 

ポッツァッロでフェリーの時間まで散策してるときのこと

 

これらを見てると、その時の心持ちまでがよみがえってきます

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回の旅では旅のスタイルがいろいろ変化してきたことを実感したことが多かったです

旅の途中のブログでは、ざっとその日の出来事をおさらいしただけでしたが

今後は思い出したこと、また書きたかったことなどさらに綴っていくつもりです

 

以外としつこい旅行記ですね

旅行記 | comments(0) | -

知らない土地ではこれが手始め

JUGEMテーマ:旅行

 

最近の私たちの旅のスタイルは、なんとなく方向性が決まってきました

 

知らない土地に着いたらまず、町の概要を知るためにぐるっと見て回ります

 

これで

 

 

これはcity sgihtseeing bus

 

Hop on Hop off

 

コース内で乗り降り自由です

 

 

ナポリでは宿に着いて荷物を預けるとすぐにホップオンのバス停に行き飛び乗って

郊外をぐるっと回ってみました

 

 

バスからの眺めです。ナポリ郊外の海岸線は街中と違ってきれいでハイソな感じ

別荘なんかも多いのかな?ごちゃごちゃしたスカッパナポリ周辺とは違った表情です

 

 

ベスビオ火山もバスから眺めました

 

ナポリでは24時間券を購入して大体の町の概要をチェック

それから今後の細かいスケジュールを考えたり、、、

その時間もまた楽しいのですよ

 

 

バスの2階はこんな感じになっています、この日はお客さん少なかったのかな?

中には各国の言語に対応するイヤホンガイドが設置されていて、最初に乗り込んだ時に

切符とともにイヤホンを渡されます

 

下手にガイドさんに頼るよりもずっとリーズナブルです

私の怪しいナポリ豆知識はこのイヤホンガイドからのネタが多いですよ

 

マルタでも大いにホップオンホップオフを利用しました

遠出は全部このバスだったような。。。

 

おかげできれいな海岸線をいくつも見られたし、中世のお城の町イムディーナにも

あっさり行くことが出来ました

 

けっこうおすすめです

 

 

マルシャスロック

 

 

イムディーナ

 

 

スリーマ

 

全部このバスで気軽に行けました。ほんっとお役立ち(^^♪

 

 

 

 

旅行記 | comments(0) | -

旅じたくについて

今回の南イタリア、マルタ、ミュンヘンの旅は

記事にも書きましたが、結構移動と各種乗り物で

タフな道程でした


キングに言わせると「まだまだ」だそうですがね


そうなるとわかっていたので、荷物は出来るだけ

小さく、そして軽いものをチョイス



[サンコー] SUPERLIGHTS MGC スーツケース スーパーライト 軽量 中型 抗菌ハンドル マグネシウムフレーム 容量56L 縦サイズ63cm 重量3.5kg

大きさ比較のため、CD置いてみました


これまで使っていたのは昨年、ヘルシンキでコロコロが壊れてしまったのでこの際だから新調しました

これ、ちょー軽い、そして56リットルは
日にちにしたら4〜5泊分

私の旅行は二週間

そのギャップをどうしたかというと


オシャレを放棄(爆


着替えは最低限、しかも軽いもの薄いもので揃え、お色直しはほとんどありませんでしたよ

さらに、お買い物もナシ、したがってお土産もナシよ

ごめんなさい


そういう女子にあるまじき旅支度が、結果的にこの度を
かなり快適なものにしてくれました


これからの旅は年齢のことを考えても身軽に限ります



このスーツケース、軽いのなんのって!!

このお買い物は大当たりでした



さて、お買い物といえば、キングが大事にマルタから
連れ帰ったものは



騎士団のフィギュア
旅行記 | comments(0) | -

意外に楽しみなbreakfast

旅行中は以前も書きましたがほぼB&B


簡単な朝ごはんが付きました



これがイタリアシリーズです


左下は一泊しただけのローマの宿

テルミニ駅に近いというだけで古くて暗い宿


でもブッフェの朝ごはんはけっこう充実

今回初のパニーニいただきました


右下は2泊したナポリの宿のブッフェ

デニッシュとフルーツとスタッフ自ら淹れてくれる

コーヒー


ちょいと。。。お手軽&カプチーノがミルク多い


上は1泊したシチリアのポッツァッロ

落ち着いた空間でいい感じの朝食


そしてマルタは全部自炊

スーパーで買い出ししてサラダとトーストサンド

それに飲み物   毎朝これ




ミュンヘンの宿ではけっこう充実



フルーツザクザクでミューズリーザクザク

私は毎朝シリアルでした

ほかにチーズとハムともちろんソーセージ

パンも種類が豊富


一見、外観は如何なものか?な宿でしたが

朝食別払いだけあってなかなか美味しかったです

一食9ユーロでしたが、満足


以上朝食食べ比べ

旅行記 | comments(0) | -

寄り道ミュンヘン日記

毎日楽しく過ごしていたら


もはや帰る日になっちまった〜


そして張り切って(笑)美術館へ

ここはじつはお宝満載

驚く数の収蔵品があります


ノイエ・ピナコテーク 


美術館です


主なところでは



数あるゴッホのひまわりのひとつ



ゴーギャンです


ほかにゴヤ、クリムト、マネ、ルノアールなどの作品が収蔵されています。やはり印象派は馴染みがあるというか、とっつきやすいというか。。。


ここでたっぷり時間をかけて鑑賞したらもうお昼になっていました。すぐお腹が空く私たち


最終日のランチは  なんと


ハンバーガー♪



侮るなかれ、これはれっきとした店内で

ナイフでカットしていただきました


パティの焼き方、ダブルにするかシングルにするかもちゃんと聞いてくれました


私はシングル、100%ビーフで肉汁がジューシィ


終わり良ければ全て良し!


そして、中心街から少し外れた青空市場へ



私は露店の焼き栗買って食べながら散策

人がたっくさん居るミュンヘン


大都会?かどうかはよくわからないけど

すごく活気があって、過ごしやすい街


そんな街ともさようなら



今度こそ本当に帰ります


ざっとこんな風に書きましたが、所々で感じたさまざまな思いやエピソードがあります


いったん旅行記はここで閉じて、たまーに

振り返りたいと思います


さーよならドイツ〜私は〜帰ります〜♪


これは津軽海峡冬景色風で歌って下さい

旅行記 | comments(0) | -

寄り道ミュンヘン日記

ミュンヘン2日目はミュンヘンカードを購入

けっこうリーズナブルな価格で1日乗り放題


鉄道、トラムなどなど


ミュンヘンは意外にお得


さっそくSバーンで ニンフェンブルク城へ



遠くに見えるのがお城

最寄りの駅から入り口までで3キロありました


ここランニングしたら気分は最高だろうなー

信号無いし、アスファルトじゃ無いし


一瞬妄想にふけってしまいました



紅葉の始まりのニンフェンブルク城を後に

昼のマリエン広場辺りを散策


ほんと人が押し寄せてくるマリエン広場


お昼を食べるために街のビアホールへ



キングがありついたのはソーセージ

本場はかなり美味しかったそうです

もちろんビールも


私はアップルシュテュリューデル


煮たりんごをクレープ生地で包んで焼いたもの

じつはお料理教室で作ったので本場ものが

食べたかった


これだけにしてよかった!!かなりのサイズ


充分ランチになりました


この後、近所の教会などを散々回って歩いて

たどり着いたレジデンツ広場



この時点ですでに1日の歩数計は12キロを超え

キングはちょっと体調も良くなくて、部屋に

戻って横になり

私は近所のデパートに散策に行き


そんなひとり行動もけっこう出来ちゃう安全な

街っぽいミュンヘン


そろそろ帰りの準備も始めないとね

旅行記 | comments(0) | -

寄り道ミュンヘン日記

マルタを出てもまっすぐ帰れない二人(苦笑


直行便がないので何処か経由しないといけません


ルフトハンザ航空だったので行きも帰りもミュンヘン、ならば最後は寄り道しちゃえ



ミュンヘンのフランツヨーゼフ空港着

そしてSバーンでミュンヘン市内まで


駅にはピアノ、この演奏者は只者じゃないくらい

上手でした♪


すごく寒いかなと思ったけど許容範囲

マルタとの気温差は15度くらいあるみたい


そして着いたのが夕方だったのでディナーに

繰り出しました



ビアホールでとりあえずビール!again



お肉は久しぶり、マルタではお魚一辺倒だったもんで気分が上がるわ〜


私はウィンナシュニッツェル

キングはミートボール(つまりはハンバーグ)


美味しい!


けっこう酔っ払いました


疲れていないはずはないけれど

冷んやりした空気に誘われて夜のマリエン広場へ




ハロー!!ミュンヘン

旅行記 | comments(0) | -

マルタ滞在記

日本を発つ前の旅先の天気予報は思わしくなく

行く前からがっかりしていて


洋服も寒さ対策ばかりしていましたが

実際は傘を広げることもなく

海が荒れたとか風が強いとかあった程度




私は雨女、このままで終わるわけがないって

思っていたらやっぱり


ゲリラ豪雨


その時の行動は屋内活動ばかりだったので

これはラッキー♪でした



古い歴史ある劇場内を見学したり

戦争博物館を訪れたり(これは必見です)


5Dショーを観てマルタの勉強

このショーは滞在中、始めか終わりに観ると

マルタのことがよくわかります

特に我々のような個人旅行者には。。。


ガイドさんいませんからね

これはけっこういいアトラクションです



セントエルモの砦からのお気に入りの風景


びしょ濡れのスニーカーをヘアドライヤーで

必死に乾かして、マルタ最終日を迎えました



そんなに大きくない空港

昔は軍港だったらしいです


お昼はラザニア


そして空港ピアノでは少年が優しいメロディを

奏でていました


グッバイマルタ

特別な日々



旅行記 | comments(0) | -

マルタ滞在記

マルタのことを事細かく書いていると

今年いっぱいかかりそうなので


巻き入れます!


滞在中は城塞に囲まれたバレッタばかりに

いたわけてはなく、方々出かけました



中世の姿そのままのイムディーナ宮殿

こんな建物はほんの一部、見事な中世のお城が

残されています


地震で崩壊した後、当時の騎士団長が

一生懸命復興に尽力したんですって



バスでちょっと遠くにお出かけ


お魚食べに♪   ここはセントポール湾

画像じゃ伝えきれない素敵な街

テラス席でランチ


ゆっくりしてたら、戻りのバスの最終が意外に早く

焦りに焦ってやっと乗り込んで安心



バレッタ地区の対岸の街 スリーマ


ハイブランドのお店やスーパーなど

お買い物には便利だったようですが

私たちはバレッタののんびりした生活を好み

ただ立ち寄っただけでした


そんなこんなで5日間はあっという間に

過ぎて行きました

旅行記 | comments(0) | -