コンフォートホテル仙台西口

先月のこと、宿泊したコンフォートホテル仙台西口


ほんの一晩の「泊まるだけ」な時間でしたが

私はナイトライフを楽しむわけでもなく

特にすることがなかった夜


ホテルの部屋でじっとしてるだけでもいい読書時間


でも、ちょこっと調べたら

ライブラリーカフェってのが管内にあるんですね

感覚としてはちょっとしたスペースがあるんだろうな、ぐらいだったのですが、覗いてみました


フロントで利用料をお支払いして利用者用の

ブレスレットをいただくのですが宿泊客は200円

だそうで。。。


しかしwebから登録、予約してると無料になるというので、フロント女性がその場でサクサク登録予約のおすすめ


そして無事に無料でエンター♪




けっこう広かったです

飲み物飲み放題、コーヒー紅茶、烏龍茶などの

ブィバレッジがあっておまけに仙台名物ずんだソフトクリームもメリメリ盛って食べ放題(^^)




ここで2時間ばかり読書しました

静かでいい感じですが、ウィークデーだからなのか

利用者は私と少年一人

少年は多分受験生で、一生懸命勉強していましたよ


このホテルはリゾートホテルじゃないし

室内は広くはありませんからね

こういう開放的なスペースがあると良いですよね


この時期、仙台でも大学受験で利用される方も多いと思います、昨年12月からのオープンだそうで

あんまり知られていないかも


そしてモーニングサービスはここでいただけます

これがまた美味しかった〜〜♪


お値段もリーズナブルだし、リニューアルして

新しい館内だし、私は回し者ではありませんが

ここはおススメのホテルですね

旅行記 | comments(0) | -

再び 京から明日へ

前泊、後泊を過ごしたホテルは五条にある

アランヴェールホテル京都五条


予約しただいぶ後にわかったのですが

三年前に宿泊したヴェッセルホテルカンパーナの

道路挟んで筋向かいでした(^^)


もっと違う場所と思いましたが

競技場や受付会場までのアクセスがすでに

わかっていたのでストレスフリーでした


おまけにツインルームのシングルユースに

グレードアップされていて、ゆったりお泊り

最上階には展望大浴場があり、二泊目の夜は

私一人のお風呂を京都タワーを観ながら極楽♪


朝ごはんは京のおばんざいのビュッフェ

満足 満足〜〜!


そして〜〜今回はたまたまANAの旅作の

バーゲン期間の予約で、前回の半額で

エアーとホテルがゲットできました(嬉)


いったい何しに行ったやら。。。


帰る日、改めてフライトの時刻をチェックしたら

40分遅いことに気づき(遅)もう一箇所どっか行ける

って即決で、京都駅から近鉄で


東寺  まで



一駅だったし、駅から徒歩10分ほど

荘厳な門から中へ



京の冬旅シリーズ期間で、五重の塔が特別公開されていました。金堂の阿弥陀如来さまのすがたも

思わず手を合わせたくなる風情で

訪れて観てよかったわ。。。。


思わず長居して、空港まで駆け足

お昼は空港でカレー食べて、搭乗口に行ったら

搭乗開始という状況でした


ほんと充実した二泊三日のマラソン旅

送り出してくれたキングさん感謝



グッバイ京都

旅行記 | comments(0) | -

再び 京から明日へ

時間はずーっと戻って京都に着いた日

お昼はとっくに過ぎた2:00ゴロでした


まずは腹ごしらえ


京都駅八条口店  竃炊きたてご飯の土井さん



サワラの西京焼き定食、お漬物付きだしの

ビュッフェ付き♪

こういうのがこよなく好き好き


そしてホテルにチェックインしてその足で

受付会場のみやこメッセへ


結構楽しんでしまい、会場を出たら17:00前

せっかくだから徒歩圏内の 南禅寺へ



夕暮れどきで人影もまばら

それでも近所の街並みを散策してみました


けっこう歩き回って、京風のお店などのぞいて

みたり、どうせなら美味しいものを食べたいと

思ってうろついたりしましたが


結局、大戸屋〜〜 安心出来るし!!



どこまでいっても庶民派(^^)

タラと野菜の黒酢あんかけ定食


こんなもんです

旅行記 | comments(0) | -

再び 京から明日へ

フィニッシュ地点の平安神宮から地下鉄で即帰り

温かいお風呂に浸ったあとは、時間がもったいなくて、伏見稲荷まで行ってきました


京都は大体のエリアには足を踏み入れたのですが

伏見稲荷って行ったことなかったんです


小さい神社仏閣が好きなので、こういうのは。。


なーんて思っていましたが、ちょっと行きたくなっちゃったんです


ホテルからは地下鉄乗り継ぎで20分あまり

15:30のスタートでしたが、脚がロボットな私でも意外にさっくり行けました♪



ここからですね


ちゃんとお願い事を書いてまいりました

もちろん、家内安全しかないですよ

1300年にわたって人々の信仰を集めるお稲荷さん


向かい合った狐がお出迎えでした


そしてコレですコレ




千本鳥居


ちょこっと登って行くつもりが結局最後まで到達

こんなに登れるならもっと速く走れたものを(苦笑


なんか達成感でいっぱいになってしまいました


日が長くなってるのでしょうね、17:00ごろでも

まだ明るく、テンションも上がります

ここから祇園にでも。。。


と、勇んで繰り出したのはいいのですが

ステキなカフェとか、人気店は満席だったり

敷居が高かったりで、気がつけば腹ペコでした


それで結局ここへ



タニタカフェ♪


前日はカーボローディングという名目の炭水化物

オンリーだったので、ちょっと胃を元気にしてあげたかったのと栄養や優しさを考えての選択


京のおばんざいプレートです


京都まで来てこれですか?的なチョイスですが

なんかリラックスしたかったわけです


そんなこんなで長い1日は終わりました

旅行記 | comments(0) | -

空港ピアノ〜マルタ〜

お正月番組の録画をボチボチ観てます


楽しみにしていた「空港ピアノ」

特番では「マルタ空港」でした


マルタ国際空港は、そんなに大きな空港ではなく

まるで国内空港的なアットホームな雰囲気


なので自由に弾けるピアノにもみんな耳を

傾けています



奥の方に白い車が展示されていますが

私たちはあの辺りに座っていました


左手側には免税店があって右側にはフードコート

今でも覚えていますよ


番組では空港ピアノを弾いてる人々だけではなくて

マルタの風景や、国立劇場、騎士団を思わせる風景

美しい漁港マルシャスロックなど

今でも鮮やかに目に浮かぶ場面が映し出されます



こんな不思議な国はあまりないと思います


お正月が終わり、ハードな一週間を過ごし

三連休になりそして明けて、また頑張ろう!

と言うんじゃなくて


また旅のことってどういうこと?(^^)

どこまで怠け者なんでしょうね


ところで、旅番組は大好きですが、NHK-BSに

どうしたって軍配上がります

コマーシャルあると興ざめなんですね〜


「世界ふれあい街歩き」

「関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅」


激しく好みです


「空港ピアノ」「駅ピアノ」も仲間入り♪

旅行記 | comments(2) | -

心から離れない風景2018

JUGEMテーマ:旅行

 

年の瀬です

 

28日から降り続けた雪で、毎朝せっせと雪と格闘しています

なので年末っぽい、おせちとか、大掃除とかはなんとな〜く停滞気味

たぶん停滞したまま年を越すのよね(笑

 

昨年も書いたのですが「心から離れない風景

昨年は病院の窓からの風景でした

年末に退院してきたキングの心配ばっかりしていた昨年末

クリスマスもお正月もすべてキングが過ごしやすいようにと考えていた

 

かわいい妻(爆嘘)

 

あの妻はしっかりマイペース妻に変貌して悠々と年末を迎えました

 

そしてそんな私の心から離れない風景とは。。。。

 

 

シチリアのタオルミーナの朝日

 

これはナポリからの寝台特急に乗って、ちっとも眠れないままメッシーナ海峡を越え

もうすぐ終点シラクーサだというときに寝台車から見た朝日です

 

感動したくせにスマホで撮ろうとすると島に隠れてしまったり

雲に隠れてしまったり。。。

 

まったく運がないっていうか、ドジっていうか。。。

 

思わず Oh! It’s like my life!

 

ってぼやいていたら、となりで見ていた女性が

 

rather than me

 

って笑って、そこから少し話しました。

ローマから乗ってきたんですって。私たちみたいな旅行者でしたね

 

旅をすればいろんな方とお話しする機会があり、思わず積極的に話したり

そこから会話がはずんだりします

これは、醍醐味です

 

空はつながっている 

 

今年の「心から離れない風景」は

タオルミーナの朝日 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

2018年はものすごく忙しい年でしたが、新たな出会いと新たなチャレンジが

多くありました。

 

だから人生は楽しいって思えるような瞬間を持てたことは宝です

 

今年もつたないブログをご訪問いただきましてありがとうございました

2019年もまたお立ち寄りいただけたらとても嬉しいです

 

みなさまよいお年を

旅行記 | comments(0) | -

キングが言う私の罪状

JUGEMテーマ:旅行

 

まあ、笑い話ですけど、旅行中に私の数々のおとぼけエピソードがありまして

それは私は「おとぼけ」でしたが、キングによれば私の「」だそうです

 

それはナポリのB&Bでの朝食の出来事でした

 

 

簡単な朝食ブッフェだったんですが、ほら、小さいりんごがあるでしょ?

小さいから食べられると思ってセッティングしたのですが、このパンがボリューミー

デニッシュパイで、中には甘いチーズクリームが詰め込んであります

 

うひゃ〜おなかいっぱい  ってことで

 

小さなリンゴはテイクアウトしてお部屋に持ち帰りました。それがなにか??

 

キングはふとしたことからそのリンゴをみつけ、

 

りんご、かっぱらってきたの?

 

って言うんですよね

 

ちがうわよ〜〜テイクアウトよ〜〜

 

でも断ってきた?って返されました

 

これってどうなんでしょ?ブッフェから持ってきたものを自室に持ち帰ってはいけないのでしょうか?

 

キングはその後何度も「かっぱらってきたリンゴ食べた?」って言いやがった(苦笑)

 

ぼくは手癖の悪い人と結婚してしまった   とか

 

 

その◆.プリ島事件

 

カプリ島でアイランドクルーズに出かけようと、乗船券を購入して船出まで待っていました

こんな感じでけっこう楽しんで。。。

 

 

約20分ぐらいだったかしら?

 

そしていよいよ乗船時刻で並んでいると、ジーンズのポケットに入れたはずのチケットが無い!

慌てて探すも、ないないない!!

 

並んでるうちに流れで船に乗っちゃって、その後チェックもされないし、切符切りのスタッフは

べらべらおしゃべりばっかりしてるしで。。。

 

乗れちゃったんですよ

 

するとキングが

 

君は無賃乗船までしちゃうんだ。。。

 

ですって。これで 盗難と無賃乗船と二つの罪状(爆

 

 

それと昨日の記事に書いた「代金未払い事件

 

私ってなんじゃこりゃ?な人物になってしまったのでした

 

実はその後もなんかあったような気がしますがもはや覚えておりません

いまだにキングは私を冷かします

 

あ、思い出した、先月、仕事で仙台に行ったんですけど、どうも行きのバスに乗った時

 

切符を運賃箱に入れ忘れてたみたいなんです(ばか)

 

無賃乗車

 

だって往復の切符が1枚余ってる。。。その時は3往復してるのですっかりなくなってるはずなんですが

 

 

というわけですっかり信用なくしてる状況です〜〜爆笑

 

 

旅行記 | comments(0) | -

思い出としての旅の写真

JUGEMテーマ:旅行

 

今回の旅行では、とっても撮影した画像が少なかったです

もしかしたらこれまでキングと旅した中では一番少なかったかもしれません

 

それはヨーロッパ特有の大聖堂や勇壮な銅像などはほとんど撮影しなかったから

 

そのぶんキングが撮影してくれたんですけどね

 

それと海岸とか入江とか自然の織り成す雄大な景色など、案外カメラに納めていません

 

理由はわたしなりにあって。。。

 

その雄大さをとてもカメラには納めきれないから

画像という残し方は真実をとらえにくかったから

 

今回はキングがけっこう熱心に撮ってくれたからという理由もありですが。。。

 

これまではヨーロッパが好きでそれこそ重厚な建物も全部撮影してきました

帰宅してから思い出に浸ることもありました

 

でも、本当の旅の思い出は、そこにはもう見出していない自分を自覚していました

 

たとえば何気ないワンシーン

無意識のスナップ

 

それらから逆に思い出をひも解くことが出来るんですよね

 

 

シラクーサの遺跡で私が撮影するところを撮ったキング

 

 

ナポリ駅で夜行寝台特急を待ってるキング

 

 

ポッツァッロでフェリーの時間まで散策してるときのこと

 

これらを見てると、その時の心持ちまでがよみがえってきます

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今回の旅では旅のスタイルがいろいろ変化してきたことを実感したことが多かったです

旅の途中のブログでは、ざっとその日の出来事をおさらいしただけでしたが

今後は思い出したこと、また書きたかったことなどさらに綴っていくつもりです

 

以外としつこい旅行記ですね

旅行記 | comments(0) | -

知らない土地ではこれが手始め

JUGEMテーマ:旅行

 

最近の私たちの旅のスタイルは、なんとなく方向性が決まってきました

 

知らない土地に着いたらまず、町の概要を知るためにぐるっと見て回ります

 

これで

 

 

これはcity sgihtseeing bus

 

Hop on Hop off

 

コース内で乗り降り自由です

 

 

ナポリでは宿に着いて荷物を預けるとすぐにホップオンのバス停に行き飛び乗って

郊外をぐるっと回ってみました

 

 

バスからの眺めです。ナポリ郊外の海岸線は街中と違ってきれいでハイソな感じ

別荘なんかも多いのかな?ごちゃごちゃしたスカッパナポリ周辺とは違った表情です

 

 

ベスビオ火山もバスから眺めました

 

ナポリでは24時間券を購入して大体の町の概要をチェック

それから今後の細かいスケジュールを考えたり、、、

その時間もまた楽しいのですよ

 

 

バスの2階はこんな感じになっています、この日はお客さん少なかったのかな?

中には各国の言語に対応するイヤホンガイドが設置されていて、最初に乗り込んだ時に

切符とともにイヤホンを渡されます

 

下手にガイドさんに頼るよりもずっとリーズナブルです

私の怪しいナポリ豆知識はこのイヤホンガイドからのネタが多いですよ

 

マルタでも大いにホップオンホップオフを利用しました

遠出は全部このバスだったような。。。

 

おかげできれいな海岸線をいくつも見られたし、中世のお城の町イムディーナにも

あっさり行くことが出来ました

 

けっこうおすすめです

 

 

マルシャスロック

 

 

イムディーナ

 

 

スリーマ

 

全部このバスで気軽に行けました。ほんっとお役立ち(^^♪

 

 

 

 

旅行記 | comments(0) | -

旅じたくについて

今回の南イタリア、マルタ、ミュンヘンの旅は

記事にも書きましたが、結構移動と各種乗り物で

タフな道程でした


キングに言わせると「まだまだ」だそうですがね


そうなるとわかっていたので、荷物は出来るだけ

小さく、そして軽いものをチョイス



[サンコー] SUPERLIGHTS MGC スーツケース スーパーライト 軽量 中型 抗菌ハンドル マグネシウムフレーム 容量56L 縦サイズ63cm 重量3.5kg

大きさ比較のため、CD置いてみました


これまで使っていたのは昨年、ヘルシンキでコロコロが壊れてしまったのでこの際だから新調しました

これ、ちょー軽い、そして56リットルは
日にちにしたら4〜5泊分

私の旅行は二週間

そのギャップをどうしたかというと


オシャレを放棄(爆


着替えは最低限、しかも軽いもの薄いもので揃え、お色直しはほとんどありませんでしたよ

さらに、お買い物もナシ、したがってお土産もナシよ

ごめんなさい


そういう女子にあるまじき旅支度が、結果的にこの度を
かなり快適なものにしてくれました


これからの旅は年齢のことを考えても身軽に限ります



このスーツケース、軽いのなんのって!!

このお買い物は大当たりでした



さて、お買い物といえば、キングが大事にマルタから
連れ帰ったものは



騎士団のフィギュア
旅行記 | comments(0) | -