昼下がりの勘違い

天気予報によれば今日が暑さのピークだとか

本当でしょうか?

こんなに暑い夏はなかったようで実はあった?


私の記録によれば2012年も残暑が厳しかった

9月の田沢湖マラソンが33度だったって。


人って喉元過ぎればいろいろ忘れる(^^)


いろいろ忘れて果敢に昼さがりのラン(爆



勇気が無くてひなたに出られません(汗

午後1時で33度   ぐぇ〜〜


でもね〜毎日35度とか過ごしていると

33度って過ごしやすいような勘違いが起きます


その魔法が効いていたのは3キロまで

日蔭を中心に頑張りましたがそれでも3キロまで


その後は根性?で5キロまで走って強制終了



日蔭に戻りクールダウン


私もだんだん弱虫になりましたが、無理して倒れても、ちっとも絵にならないお年頃、命の危険もありますからね


来年のオリンピックのマラソンコースは

半分ぐらいが日蔭だそうですが、それでも

アスファルトは熱いですよね〜大丈夫でしょうか?


オリンピックのマラソンに参加される方々(ここには居ませんが)、日頃から暑い最中を走る練習してるのかしら?


高校球児の皆様の暑さに対する適応性には

いつも驚かされます


明日からは待望の30度以下‼

嬉しいです‼


ランニング | comments(0) | -

旅の窓

沢木耕太郎さんのエッセイです



沢木さんが世界各地を旅したときの写真と文章


中はとってもシンプル



左側に写真があり右側に文章

文章はその画像を撮影した時のエピソードや

その画像から想像出来うるストーリーまで


もともと沢木さんが1年半に渡るバックパックを

敢行したときは、写真はほぼ撮ってなかったそうで

たしかに「深夜特急」では、カメラはニコンを

持参していたけれど、お金に困った時に売れるかと思って携帯していたって書いてありました


結局、「深夜特急」ではのちのちカメラが

なかなか良いカンバセーションツールになっていくんですけどね


こんな風に画像を残すようになったのは後になってからだそうです。


でもノンフィクションを書かれる著者だからでしょうか、アングルがなかなか良くて、特に人物などは

さすがだなと思わせるものがあります


。。。。。。。。。。。。。。。。


上の画像はポルトガルの漁師町ナザレ


ナザレは私も気に入っていた場所なので

記事に取り上げてみました


この本は電車とかちょっとお出かけにぴったり

順を追わなくても開いたページから楽しめます

読書 | comments(0) | -

甘味処・shin-ran亭

送り盆に作った甘味


あずき寒天



キングが餡子ベーグルを作った時に残った餡で

寒天を作ったんです


餡と寒天部分が二層に分かれて

見た目が綺麗に出来ました(自画自賛)


金ぱくを施したのですが、この金ぱくは

銀座の金沢」さんで販売していたもの

こうするとちょっと高級感出ます(再自画自賛)


。。。。。。。。。。。。。。。。。


お盆を自宅で過ごしたじいやとばあやは

また戻って行きましたよ

お別れに作ったあずき寒天

ばあやは本当に餡子が好きだったからね


私なりに充実していた「お盆days」

危険な暑さも明日がピークだとか?


何度も何度もオオカミ少年に騙されていた8月。

7月の半ばに東京に行った時は寒いくらいでした


1年を考えると、暑くて狂いそうなのって

意外に短い期間なのかもしれませんね

foods | comments(0) | -