真田十勇士

JUGEMテーマ:映画

 

招待券、まだあります

 

先日の「怒り」私は大興奮で大絶賛だったのですが

いかんせんキングはいまいちだったようで、もっと軽快なのがいいって。。。

 

真田十勇士

 

封切りになったばかりです

超娯楽時代劇。実際の「真田銃勇士」をもとに、さんざん脚色されていました

 

 

主人公は猿飛佐助。

 

真田家の武将、真田幸村は腕が立つ人気の武将

だがその実像は凡庸なルックスが良いだけの男子、、という設定

虚像と実像に悩む雪村をいっぱしの武将に仕立て上げると企むのが猿飛佐助

 

ときは関ヶ原の戦いの後の世

徳川は豊臣家滅亡を願い、豊臣に対して戦の口実を探していた

 

そんなおり、豊臣家に忠誠を誓った真田幸村は来る戦は活躍の場と考えた

というより、佐助がそう考えた(笑

 

佐助は有力なブレーンを集めた。それが10人の真田の勇士たち

その中には霧隠才蔵もいた

 

少数精鋭で「真田丸」築城し、徳川に一泡吹かせた大坂夏の陣

佐助の作戦はことごとくうまくいった

 

そして紆余曲折を経ながらも、固まって行く十勇士の絆 

迎えた大坂冬の陣、真田勢は決死の作戦に出る

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 史実に忠実とはいえない部分が多々ありましたが、それもまた個性

痛快時代エンタテイメントはかなりひきつけられる部分がありました

 

中でも霧隠才蔵役の松坂桃李、かっこいい〜〜〜!!!

アニメから出てきたのかと思うほど。

 

主演の猿飛佐助は中村勘九郎 真田幸村は加藤雅也

 

淀君に大竹しのぶっていうのは???謎

 

私たちはNHK大河ドラマ「真田丸」熱心に観てるので人物像は理解していました

でも、十勇士の人物像が細部にわたって描かれているわけではないので

意味不明に思われる方もいるだろうな。。。と

 

まあ、歴史好きでなかったらこの映画は実ないカモですがね

 

アクションシーンもなかなかよかったし

痛快時代娯楽映画としてはよく出来た映画だと思いました

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

キングは次はスタートレックらしいです

 

私は違うのにします(笑

映画 | comments(0) | -

県総合書道展は今日から

JUGEMテーマ:日記・一般

 

今週は県総合書道展の搬入と飾り付けがメインの週でした

毎年手順も慣れてきて、滞りなく終了

 

そして今日から約10日間山形美術館で開催です

 

私は夏の間に、チョー多忙でしたがなんとか仕上げました

 

 

杜甫の詩です

久々に三行の作品にしました

 

気が向いたら釈文でも乗せておきますよ

 

あ、気が向きました

 

清秋幕府井梧寒,独宿江城蜡炬残。
永夜角声悲自语,中天月色好谁看!
风尘荏苒音书绝,关塞萧条行路难。
已忍伶俜十年事,强移栖息一枝安

 

清秋の※幕府、井(せいご)寒し 獨り江城に宿す 蝋炬の残

役所の井戸端の青桐が秋の日の夕暮に寒々と影を落とし、

独り城中に宿をとったが、寂しく寝ることも出来ずに

炬爐(きょろ・いろり)の火と蠟燭(ろうそく)の火を眺めるばかりだ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私のことはさておき、お弟子さんが堂々の入賞を果たされました 

おめでたいです

昨年も違う方が入賞いたしました

 

いよいよ我が教室も円熟期に達したかと思われ。。。

 

生徒さんたちがですよ

私はまだまだ

 

ひさびさにおめでたい話で少しテンション上がりました

書道 | comments(0) | -

怒り

JUGEMテーマ:映画

 

ずっと映画館に行けていませんでした

病院からの電話がいつ入るかわからなかったので。。

 

招待券の期限もあり、キングとばたばた観に行きました 

 

話題の映画「怒り

 

 

三つのストーリーがパラレルに語られていきます

 

 @千葉  渡辺謙扮する父親が、歌舞伎町の風俗で働く娘(宮崎あおい)を発見し、家に連れ戻す

      父親の経営する工場では、素性の知れない男(松山ケンイチ)が働いていて

      娘と男はやがて同棲するようになる

 

 @東京  同性愛者のサラリーマン(妻夫木聡)は発展場で若者(綾野剛)と関係を持つ。素性はわからない

      でも、その男と同棲するようになり、奇妙な安らぎを覚える

 

 @沖縄  内地から引っ越してきた若い女性(広瀬すず)は、無人島で放浪の旅をする男性(森山未來)と

      出逢い、心を許して語り合う

 

この三つのストーリーのかなめは、出会った3人の男性(松山、綾野、森山)はどこから来て、何をしてきたのか

わからないところだった

 

しかもその3人の男性は、それぞれ八王子で起きた夫婦殺人事件の容疑者の疑いがあった

それも、身近な人物から疑われていた。その未解決事件現場には「怒」の血文字が残されていた

 

容疑者は整形をしながら1年以上もどこかに逃亡していることはわかっていたが

操作は手詰まり公開捜査に踏み切った

そしてその公開捜査テレビで放映されると、三つのストーリーではそれぞれが愛する人を疑いだす

 

厳密には沖縄では疑いはなかったのだが。。。

 

この映画のコンセプトは「人を信じる難しさ」だそうです

そうですよね。愛した人がもしかして殺人犯だったら??

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

このタイトル「怒り」はいろんな形があるとは思いますが

他者を信じられなかった自分への怒り

信じた人に裏切られた怒り

誰にも打ち明けられない怒り

 

などなどさまざまな怒りが登場します

 

実際重い映画で、重たすぎってキング言ってましたが、私はよかったと思う

だってキャストが上手すぎです

 

妻夫木君、綾野剛君 うまいね〜

宮崎あおいちゃんはどんな役でもこなせるし!!

 

この監督は「悪人」のひと(笑

「悪人」も相当好きな映画

 

私には、身内を失う重さに比べたら、どんな重い映画だって重くなんかないのです

 

大ヒット上映中ですよ

Check
映画 | comments(0) | -